性病だった場合は?

デリヘルで働く場合、性病対策を行っているお店で働くことは大前提です。しかし、どんなにお店の対策がしっかりしていて、自分で気を使っていたとしても、性病に感染してしまうことはあります。

性病には、自覚症状がないものもあり、放っておくと命にもかかわる可能性があります。たとえば、クラミジアです。クラミジアに感染した女性の半数は、ほとんど自覚症状がありません。おりものの増加が症例として代表的ですが、日ごろ、量をチェックしていないとわかりづらいものです。これを治療しないで放置すると、エイズなどへの感染率が3~5倍に増加してしまいます。もしも、おりものの増加や不正出血など、少しでも異変を感じたら、必ず病院で検査を受けるようにしましょう。なかには風俗で働いている女性が多く通う病院もあり、こちらでしたら恥ずかしがることもなく受診できるでしょう。

病院の検査で性病だと発覚した場合、治るまでは出勤ができないお店がほとんどです。万が一、お客さんにうつしてしまって、お店にクレームが入ってしまう可能性もあるためです。もし、悪質な場合は、性病にかかっている女の子を「人員不足」という理由をつけて出勤させられるようなことがあるかもしれません。性病に対する考え方は、お店によってまちまちなため、きちんとサポートしてくれるというお店を選ぶようにしましょう。

▼TOPIC▼汝々艶梅田店 | 大阪の風俗求人サイト【汝々艶】
定期的に性病検査を行っている風俗店の求人サイトです。

検査方法は?

風俗店では、お店によって性病検査の規定が異なります。例えば、月に一回検査を義務付けているとこや、希望者だけ受けられるところ、中には全く検査を行っていないというところもあります。例えばデリヘルは、性病の危険性が高い業種なので性病の検査を義務付けているお店が多いです。逆に、オナクラなど、粘液同士の接触がない業態では、ほとんど検査を義務付けていないとも言われています。

お店で行っている具体的な検査方法は、自分で検査キットを使って行う場合と、通院して検査する方法の2種類です。キットを使う場合、基本的には体液を使って検査しますが、性病によって、使う体液を摂取する場所が異なります。例えば、血液はHIVや梅毒などの検査、尿はクラミジア、膣液はカンジダなどです。しかし、キットを使って検査を行っているお店の中には、喉用の検査キットしか配布しないところもあります。毎月お店のキットで検査を行っていたはずなのに、おりものがにおうので気になって病院で検査をしたら、性病にかかっていた、なんていうケースもあるんです。ですので、確実なのは病院に行って検査をしてもらう方法です。もし、風俗で働く場合には、月一回、病院での検査を義務付けているお店を選ぶことをおすすめします。

性病のリスクって?

性病は、性交渉で感染する病気のことです。粘膜同士の接触によって感染するため、セックスのみならず、キスやフェラチオでも性病になってしまう可能性は大いにあります。例えば、デリヘルは本番行為が行われない風俗ではありますが、フェラチオなどのオーラルセックスは行うため、のどへ淋菌、クラミジアなどが感染してしまう危険性は考えられます。本番行為がなくとも、感染予防の徹底したお店を選ぶに越したことはありません。

また、性病は感染した人の免疫力が強ければ、発症しない場合もあります。例えば、風邪で体調が悪いのに無理して出勤してしまうと、性病にかかるリスクが大きくなってしまうのです。もしも、体調がすぐれないときは無理をせずに休むようにしましょう。

デリヘルでも、提供するサービスの違いによって性病にかかるリスクが異なります。ホテルに入り、お客さんと一緒にシャワーを浴びてからプレイをするお店なら、こちらで衛生面の確認ができますが、ホテルに入って即プレイ、というようなサービスの場合には衛生状態を確認することができません。つまり、即プレイ、のようなハードなプレイをしなければならないお店だと、性病のリスクは高まるのです。お店側の性病対策をしっかりとチェックしましょう。

性病の不安がない風俗

風俗店で働いている限り、性病のリスクは必ず付いて回ります。代表的なものは、クラミジアやカンジダ、淋菌などです。そして、感染の可能性はそれより下がりますが、梅毒やHIVなど、命にかかわってしまう病気もあります。風俗店で働く女性は、不特定多数の男性と接触を持たなければなりません。つまり、風俗で働いていない女性に比べて何倍も性病にかかる危険性が高く、徹底した性病予防が必要になるのです。また、中でもデリヘルはオナクラなどのソフトサービス店よりも、性病への感染率が高く、リスクが大きいです。

デリヘルの中には、お店側でしっかりと性病対策をとってくれるところもあります。例えば、月に一回の性病検査を設けてくれることや、講習で性病に関する知識をつけてくれます。性病がどのようなもので、また、どうしたら感染しやすいかなどを知っておくことで、働いている側でも予防しやすいですよね。また、お店からお客さんに対して働きかけてくれる場合もあります。プレイの前にうがい薬でうがいをしてもらったり、シャワーでの洗体を義務付けられていたりして、働く女性が性病にかからないよう、対策をとってくれるのです。もし、不潔なお客さんが来たりして、性病の危険性がある場合は、お店がその方を出入り禁止にしてくれることもあります。このように、徹底した性病対策をとっている風俗なら、安心して働くことができますよね。しかし、このようなことがしっかり行われていない風俗店があるのも事実です。風俗求人をよく見て、徹底した性病管理を行っているお店を選んでください。

また、万が一性病にかかってしまった場合はどうすればよいのでしょうか?「自分は風俗で働いているし、偏見があるので怖くて病院に行けない…」という方もいらっしゃると思います。でも、放置は絶対に行けません。また、中には自覚症状のないものもあるのです。今回は、性病のリスクや、風俗店で行っている検査、性病にかかった場合はどうするかをお伝えします。