性病の不安がない風俗

風俗店で働いている限り、性病のリスクは必ず付いて回ります。代表的なものは、クラミジアやカンジダ、淋菌などです。そして、感染の可能性はそれより下がりますが、梅毒やHIVなど、命にかかわってしまう病気もあります。風俗店で働く女性は、不特定多数の男性と接触を持たなければなりません。つまり、風俗で働いていない女性に比べて何倍も性病にかかる危険性が高く、徹底した性病予防が必要になるのです。また、中でもデリヘルはオナクラなどのソフトサービス店よりも、性病への感染率が高く、リスクが大きいです。

デリヘルの中には、お店側でしっかりと性病対策をとってくれるところもあります。例えば、月に一回の性病検査を設けてくれることや、講習で性病に関する知識をつけてくれます。性病がどのようなもので、また、どうしたら感染しやすいかなどを知っておくことで、働いている側でも予防しやすいですよね。また、お店からお客さんに対して働きかけてくれる場合もあります。プレイの前にうがい薬でうがいをしてもらったり、シャワーでの洗体を義務付けられていたりして、働く女性が性病にかからないよう、対策をとってくれるのです。もし、不潔なお客さんが来たりして、性病の危険性がある場合は、お店がその方を出入り禁止にしてくれることもあります。このように、徹底した性病対策をとっている風俗なら、安心して働くことができますよね。しかし、このようなことがしっかり行われていない風俗店があるのも事実です。風俗求人をよく見て、徹底した性病管理を行っているお店を選んでください。

また、万が一性病にかかってしまった場合はどうすればよいのでしょうか?「自分は風俗で働いているし、偏見があるので怖くて病院に行けない…」という方もいらっしゃると思います。でも、放置は絶対に行けません。また、中には自覚症状のないものもあるのです。今回は、性病のリスクや、風俗店で行っている検査、性病にかかった場合はどうするかをお伝えします。